Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//色々と症例もありますが

ブログ

色々と症例もありますが

こんにちは、小川です。仙台に行きたいなと思っていたら、今週にアクセスバーズ講座で行くことになりました。ほんと、バーズ受けて欲しい方がいて、良かった、良かった~、受講について強制は決してしませんが、これも加えてくれると家族や自分にきっと役立つと思える場合にはお勧めします。

ヒューマン&トラスト研究所では、27年目に入るレイドウレイキヒーラー養成コースと、発展系レイキのカルナレイキ・セイキムレイキを20年程やっています。そして1995年よりアメリカンメソッドのアクセスバーズとアクセスボディ・アクセスフェイスリフトを取り入れました。アクセスバーズをはじめアクセスコンシャスネスのセッションは不要なものを削除するタイプのものです。脳の断捨離・脳内デトックスヒーリングとして現代社会の脳疲労にすごく役立ちます。



どちらも手当によるエネルギーワークで似ているように見えますが、私はレイキとバーズの関係は補完的なものと認識しています。

なので、これらがケンカすることはないのですが、どちらかを選ばなければと思っている方も多いようです。刺激的という点では、アクセスバーズやボディでエネルギーが分かりやすいと感じる人が多いですが、先日、ふと感じたけれど私の場合は何かを感じるという点では、むしろレイキの方が感じるのかもしれないくらいかもと思ったのです。

というのは、とあるところで普通の方(レイキヒーラーでない方)からセッションを受けたのですが、正直あまり感じることはなかったです。でも私、爆睡しておりました。なのでリラックスして受け取っていました。ただ、何かを感じるということはなかったのです。あれ?って。やはりその時その時で受け取る感じは違うので、エネルギーワークだから‶エネルギーを感じなきゃダメ″というのも誤解かなと

レイドウレイキヒーラーの方にバーズを教えることも多いのですが、そういう点ではとても皆さん上手に出来ると思います。なんじゃかんじゃ、覚えられないとか言いながらもランするポイントを探すことが出来ます。また人に触れるお仕事をされているエステやボディワークのお仕事されている方もとても上手です。何でも繰り返しの練習が大事なのです。

レイキでもアクセスバーズやアクセスボディでも、エネルギーを感じない、分からないという人も、繰り返し繰り返しやっていけば、やっている方がちゃんと出来ていることがわかりますし、相手の人から、何も感じないとか分からないと言われても、ああそうですかと、それで自分をジャッジすることがなくなります。

バーズの場合は自分がやっていて何も感じない分からない場合には相手に聞いてみてくださいと言います。「どうですか?」みたいな感じで。自分が何も感じていなくても相手の人がすごく感じている場合もあります。だけれど、お互いが感覚が鈍い人同士だと、ちょっと悲劇かもしれません^^; 一人で諦めずに色々な人にやらせてもらうのも良い方法です。



これはレイキも同様です。レイドウレイキ第2段階でお伝えする遠隔ヒーリングなども相手の人の感度によってかなり違います。なにも習っていない人でもとても敏感にエネルギーを感知する場合のあるし、レイキを習っていてもそうでもないこともあります。ただ精妙なものを見分けるのには感覚器官を磨くことになるのです。

ヒーリングの世界に入った時、私自身、あまりエネルギーを感じるコツがわからなかったのです。特に体感的なものです。私の場合はイメージ的なものは最初からあったし、その後は言葉でやって来ることがあったのです。特にレイドウレイキの伝授が始まった初期の段階で気功療法の方が多かったので、彼らの感じ方と私の感じ方は明らかに違っていました。気功家の人はエネルギーボールをつくったり、体の気の滞りを感知するので、体感的なものが発達していました。今では私も体感的なもので感じていますが、その分イメージ的なものはむしろ潜んでしまったように感じます。不思議なものです。



ところで、今日の題目の色々な症例ですが、ほんと奇跡といえることもあるがですが、レイドウレイキの伝授をうけて病を宣告されたお父様にされた結果、国民の二人に一人がなると言われた病巣が消滅したという嬉しい報告がありました。狐につままれたみたいと表現されていました。また、レイキヒーリングセッションを受けた当日に、ずっと止まっていた生理がやってきたと驚かれた方がいました。妊娠に関わることもレイキヒーリングが一助のなれることが多々あります。生理前の辛い症状がなくなり無事に妊娠出産に至ったり、色々と素晴らしいことが起きています。

アクセスバーズやボディでも病巣が消滅した方、レディガガさんがカミングアウトした病の痛みが消滅した方、何年も悩んでいた腰痛が消えたなどもあります。

これらが、すべてに起きるかといえば、それは分かりません。同様の結果を求められても表れ方が違うのです。いわゆる医療との違いといえます。ヒーリングのような分野は治療という言葉は使いません。あまり病気のことを書くのは差しさわりがあるので書きませんが、嬉しい奇跡を経験している人がたくさんいるのは確かです。

ランキングに参加しています。ポチっとよろしくお願いいたします
にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

アメブロやっています。
所長 青木のアメブロ「レイキと共に歩む青木文紀」はこちら
副所長 小川のアメブロ「東京品川大井町レイドウレイキ・カルナレイキ・セイキムレイキ・アクセスバーズ・アクセスボディ・アニマルヒーリング」はこちら
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧